防犯対策の為にガードマンを雇おう|安全に暮らす為に

住宅模型

防犯対策のプロを有効活用

泥棒

警備の種類と最新防犯技術

国内外の要人にはボディガードがついている例が多く、その役目には警察官ばかりでなく民間の警備会社から人を雇っている場合も少なくありません。公共施設やオフィス・工場・店舗にも警備員が配置されているケースがあり、この場合でも警備会社が社員を派遣している例が多く見られます。このような警備のあり方には第一号から第四号までの4種類があって、それぞれに違った役割を果たしているものです。第一号警備は施設警備を担当し、デパートやスーパーの保安員から機械警備業務までがこれに含まれます。第二号警備はイベント会場や競技場・コンサートなど多数の人が集まる場所の雑踏警備を担当しており、道路工事に伴う交通誘導なども該当します。多額の現金や危険物などの輸送警備に当たる第三号警備の他、前述のようなボディガードを担当する第四号警備にも警備会社が多く利用されているのです。それほど規模の大きくない企業や店舗でも不法侵入などに対する防犯対策は欠かせないため、警備会社との契約している例が大半です。設備警備の中には不法侵入を検知して警備会社へ自動的に通報するシステムも含まれており、異常が確認されれば警備員が現場まで直ちに駆けつける仕組みになっています。最近では施設内外に設置された監視カメラと連動する通報システムも登場し、不法侵入が発生した場合の証拠映像が確実に残されるようになりました。遠隔監視による防犯システムが主流となった現在では、監視カメラの画質向上による犯罪抑止効果も見逃せません。このような監視カメラやセンサーを使った通報システムは、企業・法人向けだけでなく住宅向けのホームセキュリティでも採用例が増加中です。あらゆる警備業務と防犯対策を行う警備会社が、公共施設から一般家庭に至るまで幅広く利用されています。求められる防犯対策レベルと予算に応じた警備サービスを選択することで、業務や生活の安全が確保されるのです。